LLPとの違い

有限責任事業組合(LLP)との違い

有限責任事業組合(LLP)とは

合同会社(LLC)とよく比較されるものに有限責任事業組合(LLP)というものがあります。

2005年8月からスタートしたこの組織形態の特徴は、合同会社との違いで言うと「法人」ではなく「組合」であるということです。また無限責任を負う民法上の組合と異なり、合同会社と同じ有限責任にとどまるという点が特徴です。

また、もう一つの特徴として合同会社(LLC)では認められなかった、パス・スルー課税(構成員課税)が採用されています。

パス・スルー課税とは通常、法人として利益をあげると法人税が課され、さらに出資者に利益配当を行う際も所得税が課せられと二重に税金がかかりますが、パス・スルー課税では、法人税が課せられず、法人としての利益は構成員個人の所得とみなして課税を行い、また損失が出た場合にも自己の所得と損失を合算して課税所得を減らし、税金を減らすことが出来るというものです。

このパス・スルー課税があるために、欧米のLLC設立数は急増していたのですが、残念ながら日本の合同会社(LLC)では認められませんでした。。

その他の違いとしては、合同会社(LLC)は株式会社に組織変更が可能ですが、有限責任事業組合(LLP)はあくまでも組合であるため、他の株式会社などへの組織変更は出来ません。

また、合同会社は一人から設立可能ですが、有限責任事業組合(LLP)は最低でも2名の組合員が必要となります。いずれにせよそれぞれの特徴を把握し、自分の事業がどの組織形態で進めるべきか判断するのが望ましいでしょう。

有限責任事業組合(LLP)との比較表

  合同会社(LLC) 有限責任事業組合(LLP)
法人格 あり なし
出資者の責任 有限責任 有限責任
構成員 一人でも可 二人以上の組合員

課税方式

法人税+所得税 所得税のみ(パス・スルー課税)
利益配分 自由 自由
組織変更の可否 不可

image

このページの先頭へ